遠距離介護コミュニティ

地図
map

ロゴ ロゴ

スタッフブログ

離れて暮らす親のケアにかかわるパオッコスタッフの日常とつぶやき、
そして遠距離介護に役立つ情報などをお届けします。

▼詳細【初めてのZoomでトライ!パオッコサロン】

2020/05/13

新型コロナウイルスの影響で3月と4月のパオッコサロンを開催できませんでした。
5月もキャンセルせざるをえません...

そこでパオッコサロンをオンラインで初開催することになりました!

↓↓ 詳細 ↓↓

【Zoomでトライ!パオッコサロン】 

5月23日(土) 15:00から1時間程度を予定しています。
参加費:無料

先着7名まで! 

スタッフも不慣れなので、うまくいくかどうか分かりませんが、
また、Zoomには良い評判、良くない評判があることを承知していますが、
パオッコサロンには最も適していると考えました。
自己責任でお願いいたします。


参加申込みはパオッコ事務局までメールをお送りください。 
メールアドレス:info@paokko.org 
*件名はZoomサロン参加希望 
*お名前とアドレスを記入ください。

*5月21日(木)にご連絡します
(アドレス記載のない場合はいただいたメールに返信します)
ご参加いただける方には当日アクセスいただくURLとパスワードをお送りします。

遠距離介護に悩んでいる方、情報がほしい方、情報を共有したい方、 お気楽にどうぞ!
いつか遠距離介護に...、という予備軍の方も大歓迎です。

パオッコの活動,未分類

▼新型コロナの影響、会員からの投稿をシェア 1

2020/05/12

先月のメルマガ「パオッコ通信」 
【新型コロナの影響】  
いま、皆さんは、離れて暮らす親とのことで何に悩み、どのような課題と向き合っておられますか。もしよかったら、おしえてください。

パオッコからの問いかけに投稿をいただきました。

*みなさまからの投稿を引き続き募集しています。
宛先:info@paokko.org 件名;「コロナの影響」

コロナの影響1

私の母(91歳)の場合は介護崩壊ではないのですが、いつも行っていたサロンが“コロナ閉館”になってしまい、毎日が日曜日状態。

なので、曜日の認識がずれてきて、日常生活にだんだん不具合が出てきている様子が、ケアマネさんからの連絡で分かります。

高齢者になると、「今日は○月〇日だからコレをする日」という過ごし方はなくなり、「今日は〇曜日、だからサロンに行く日」とか「○曜日はゴミ出しの日」というように曜日で毎日を過ごしていくんですね。しかし今の母は、「今日は△をする日」がありません。サロンのコロナ閉館で曜日感覚がずれてしまいそうな母は、ちょっとした混乱の中にいます。

(女性60代)

 

コロナの影響2

岡山県倉敷市に住んでいる64歳、女性です。

実家は隣県、高速道路で約1時間40分一般道路で約2時間30分かかります。姉が兵庫県に住んでいますが、持病があったり、車の運転をしないので、両親のことを全面的に私がみています。

実家では95歳の父が4年前から独居生活をしています。

94歳の母は歩行困難で軽度の認知症があり、実家近くの施設(車で10分程)でお世話になり、2週間に1度面会しています。年に3回程、実家に2泊で外泊をいていますが、施設に戻りたくないとかなり抵抗があり、施設に送っていく時は辛くて精神的に参ってしまいます。

今はコロナの影響で面会ができず、2週間に1回くらい、施設に電話をして声での面会をしています。

面会に行く度に「さあ、帰ろう」と言うので「今日は無理だから、この次に…」と騙すような格好で別れる度に、切なさで胸が熱くなります。現在はコロナのため、面会に行けないことでほっとしている気持ちが正直あります。

実家にも、2週間毎に2泊3日で夫と帰り、買い物や通院の手伝いをしています。父は姿勢も良く、残歯が10本、スマホの間違い探しゲームをしたり、と至って元気で認知症はありません。自分でご飯を炊いたり、味噌汁を作る事はしています。

2週間困らないように、私が食事を作り置きしたり、スーパーやコンビニですぐ食べられる物を購入して冷凍しています。時には宅配便で食料品を送ることもあります。

近くに頼る人は居らず、父が1人の生活は寂しく、話をする事もないので、1日に最低4回(9時、13時、16時、17時)電話をかけて安否確認をしています。

昨年の春から毎月1週間程度、私の家に来て過ごしています。

この度緊急事態宣言が出され、県外を跨ぐ外出は控える様に言われていますが、放っておく訳にはいきません。私の家に来ている間は安心ですが、送っていく時は、また1人の生活なんだ……、と切なくなります。

私の家に来て一緒に住む事も考えますが、母が元気で施設にいるので、父はまだ実家で過ごしたいと言っています。

(女性60代)

 

コロナの影響3

実家の担当地域包括支援センターの職員は、東京から帰省した人と接触すると2週間高齢者宅訪問ができなくなるそうです。

緊急事態宣言を受け帰省をあきらめ、予定していた母の定期健診の付き添いはできません。

90歳の高齢者なので、院内にひとり長くとどまらなくて済むよう病院に電話で相談したところ、精算や薬の受け取りがスムーズにできるよう配慮してくださるとのことで大変ありがたかったです。

なお、電話診察も提案されましたが、耳が遠くこの対応はできず。

また、薬局に薬の配達をお願いしましたが、やっていないとのこと。

耳が遠く直接確認できないので、翌日、病院に電話し次回予約がとれていたのを確認でき安心しました。

ただ通常2ヵ月先の予約なのですが、新型コロナの影響でしょうか、3か月先になっていました。

(男性60代)

 

コロナの影響4

昨秋父が亡くなり、その後母は体調がすぐれず、日々不安定な状況です。

幸運な事に近居の姉が毎日仕事後に状況を見に行ってくれ、弟夫婦も1回/2週間に立ち寄ってくれています。

母の気を紛らわしたり、状況を確認する方法として 2種類のグループラインを作りました。

  • 母、姉家族(4名)、弟夫婦、私たち夫婦 計9名

これで一人暮らしをしている孫達の状況も把握できる。

  • 女性だけのグループ  計4名

朝・夜寝る前にスタンプで安全確認。

花が咲いたとかなんでも投稿。

さらに、テクノロジー?導入……。
一人で長時間いることになり、夜等不安になるのを少しでも改善できるように2点導入。

1.グーグルミニ

2.コウペン(ペンギン)ちゃんぬいぐるみ

こちらが話しかけなくてもたまに話しかけてくれる

会話がちぐはぐになるところも笑える。5月からはネットに繋ぐ予定です。

(女性50代)

未分類

▼新型コロナの影響をおしえてください(パオッコ通信より)

2020/04/26

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

□■□ NPO法人パオッコ「遠距離介護コミュニティ」

■□月刊「パオッコ通信」http://paokko.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+■□vol.1172020.04.26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

新型コロナの影響をおしえてください】 ……………………………☆

パオッコの理念は「ひとりの経験はきっとみんなの役に立つ」です

 

☆いま、皆さんは、離れて暮らす親とのことで何に悩み、

どのような課題と向き合っておられますか。

もしよかったら、おしえてください。

<パオッコへの投稿お願い>

 ・離れて暮らす親とのことでの悩み(会えない不安、親が寂しがっているなど……)

 ・親は通常通り介護サービスを利用できているか

 ・親は通常通り診察、薬の処方を受けているか

 ・不要不急ではなく「重要至急」なので帰省しているという体験(配慮していること、親や周囲の状況など……)

 ・コロナでのさまざまな課題を解決するためにおこなっていること

 ・パオッコ会員にお勧めしたいこと  

  など……   

 文字数は自由です(もし可能なら性別と年齢を教えてください)。

 個別のご相談には対応できませんが、必ず、今後の活動の参考にさせていただきます。

※ご投稿は匿名でパオッコ通信、パオッコウェブサイトなどで公表させていただく場合がございます。

※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理します。

パオッコの判断で、ご投稿原稿の整理・手直しをさせていただく場合がございます(原則ご連絡はいたしません)。

 

☆お待ちしております。

宛先:info@paokko.org <件名;「コロナの影響」でお願いします>

【役立つコラム】 ……………………………☆

●介護で同居「呼び寄せ」「実家に戻る」 

 満足!後悔? 事例集

パオッコ理事長の太田差惠子が寄稿しました。

新型コロナが落ち着いたあとのご参考に。

【事例1】

親を呼び寄せて上手くいった ― 今のところ満足しています

【事例2】

親を呼び寄せて上手くいかなかった ― 「帰りたい」を連発

【事例3】

子どもが実家に戻って上手くいった ― 単身戻り、看取りました

【事例4】

子どもが実家に戻って上手くいかなかった ― 母娘の関係がギクシャク

↓続きはコチラから↓

https://www.my-kaigo.com/pub/individual/chiebukuro/enkyori_kaigo/

(他団体サイト:MY介護の広場(明治安田生命グループ))

【あとがき】 ……………………………☆

日本全国、いえ世界中で、「いつ、終わるのかな」という会話がなされていることと思います。

遠距離介護では、もともと1,2か月は親とは会わないことが一般的です。

ですが、それは地元のサービス体制が整っている前提。

長期化すると……。「介護崩壊」という言葉も聞こえてきます。

とはいえ、発症2日前から感染させる可能性があるといわれると……。

なかなか帰省できません。

解決策が見つかりませんが、皆さま、どうされていますか (*^^)v

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

□ ご友人などへの転送歓迎します。

引用、転載される場合、出典月刊「パオッコ通信」と明記してください。

なお、掲載媒体を送信・通知していただけると幸いです。

□ ご意見やお問い合わせは、このメールではなく

mailto:info@paokko.org (パオッコ事務局)宛にお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

NPO法人パオッコ ?離れて暮らす親のケアを考える会?

mailto:info@paokko.org http://paokko.org/

月刊「パオッコ通信」vol.1172020. 04.26━━━━━━━━

タグ: ,

パオッコの活動,遠距離介護の実践,未分類

▼「遠距離介護で自滅しない選択」を出版!

2019/12/13

遠距離介護で自滅しない選択

「遠距離介護で自滅しない選択」(太田差惠子、日本経済新聞出版社)

多くの子(子と言っても中高年)の「ココロの声」です。

「高齢の親を1人にしておくのは親不孝なのでは……」

「いつかは自分が仕事を辞めて、親元に帰らざるをえなくなるのでは……」

「自分だって若くない。通いがつらい」

「『この家で死ぬ』と言うが施設に移って欲しい……」

 

これまで出会った遠距離介護を行う人々の生の声を多数再現しました。

そして、25年以上の取材、NPO活動だからこそ見えてきた、「最終的にどうなる?」までを書きました。

「現時点」だけでなく、5年後、10年後……、看取り期までの見通しです。

中・長期的な体制づくりや子の役割について参考にしていただけると思います。

 

老親と離れて暮らすことは「罪」ではありません。

「遠距離介護」は罪滅ぼしではありません。

できるところまでにしませんか?

割り切りませんか?

あなたが笑顔でなければ、周囲を笑顔にすることなどできません。

 

1章 「同居しなくても介護できる?」――8人のケースより

2章 離れて暮らし続ける「心構え」

3章 「自分の暮らし」を守り抜くコツ

4章 遠距離介護にかかるお金は「親の懐」から

5章 賢く「施設」を利用する

6章 「最期」の向き合い方

 

「遠距離介護で自滅しない選択」

太田差惠子著、日本経済新聞出版社、本体1,400円+税

 

タグ: ,

おすすめの本・映像,パオッコの活動

▼「なにしろ、親のごはんが気になるもので」

2019/06/18

こんな新刊をいただきました!

「なにしろ、親のごはんが気になるもので。 栄養バランスを考えた冷凍おかずの詰め合わせ」
(家の光協会 1300円+税)

著者の金子文恵さんは3年前から札幌への遠距離介護をされています。
月に1週間を札幌で。
あまりおかずを食べなくなった父親に冷凍おかずを作り始めました。
最初は、主菜と副菜をそれぞれ単品で作り置き。
でも、なぜかなかなか食べてくれない……。
そんなとき、友人から「組み合わせることが難しくて選べないのでは?」と助言されたそう。
そして、主菜にいくつかの副菜を組み合わせてお弁当のように1つの容器に詰めた「冷凍おかずセット」を作ったのだとか。
これが大正解!
一時期は50kgを下回った父親の体重は、60kgを超えるまでに回復して一安心だとか。

本書には、おいしそうな写真がいっぱい!レシピの文字も大き目で読みやすい!
遠距離介護先での作り置き料理の参考にしてはどうでしょう。

金子さんは「遠距離介護と冷凍おかず」のレッスンもされているそうです。

7月6日に出版イベントと料理講座が開催されます!

詳細はコチラ

おすすめの本・映像

▼重いテーマだけれど、読んでみました!

2018/02/02

たまたま手にする機会があった新刊。 「ルポ 最期をどう迎えるか」(共同通信生活報道部,岩波書店)
重いテーマながら、もともと新聞連載されたルポなので、読みやすい。丁寧に取材された事例をもとに書かれているので、すーっと頭に入る。

第1章は『自宅で看取る』。
ある家族が『自宅での看取りは現実的ではない』と病院を探したものの、最終的に在宅診療により、自宅での看取りをした事例が紹介されている。『在宅診療は死を看取るだけにあるのではない。患者本人が最期まで尊厳を持って生き抜くためのもの』という訪問看護師の言葉がある。
しばしば耳にするフレーズではあるが、ルポのなかでの言葉のせいか、思わず頷いた。

第2章は『延命治療どこまで』。
これは、パオッコの活動の中でも、しばしば耳にする悩みだ。「胃ろうをしなければ、どうなりますか」と医師に尋ねたところ「餓死されます」と言われ、拒否できなかったというパオッコ会員もいる。そのときは、何と冷酷な表現か、と思ったが……。
本書では、医師の言葉として『口から食べられなくなったらそのまま逝くというのは、飢え死にするということ。それはやはり残酷だ。病院に来た以上『何かしてほしい』と期待されているのだろうから……』と紹介されている。

まだ2章までしか読んでいないが、親の最期というより、自分自身の最期を考える参考に、読み進めたいと思う。
いや、最期というより、そこまでどう生き抜くか、かな。(太田差惠子)

おすすめの本・映像

▼遠距離介護の体験談が好評!

2017/12/02

今年も、遠距離介護セミナーが盛会に終了!
パオッコのセミナーの目玉は、体験者が語ること。
毎年、2名の体験者に登壇してもらいます。
実は、顔出しで話してくださる人を探すのはたいへんです。
思いっきり、お願いします。
今年も、男性1人、女性1人が登壇してくださいました。
セミナー参加者のアンケートを見ると、下記のような声が……。
体験者が話してくださるおかげで、とても満足度の高いセミナーになりました。

「各家庭で家族構成や地域、病歴等状況が違うので悩みも様々だと思いますが話を聞くと自分だけでないと安心しました」
「お2人の体験談で『うまくいくことばかりではない。(=悩むのは自分だけではない)』ことを感じ、少し心に余裕が持てるようになった」
「『未だに後悔している』という体験談はとりわけ考えさせられます」
「体験者の方の話が一番伝わるというか、もっと聞きたいです。子供の生活をどこまで犠牲にして看るべきなのか?答えがでませんね」

そういえば、人気ブログ「認知症の母を『しれっと』介護する息子のブログー40歳からの遠距離介護」の工藤広伸さん(パオッコ会員でもいらっしゃる)が体験談からの新刊を出されるそうです。

『がんばりすぎずにしれっと認知症介護』(新日本出版社)
認知症の母親を6年間、遠距離介護。
認知症の症状をまるごと受け止めつつ「ムリをせず、ラクをする介護」を、家族ならではの目線で提案。

体験者ならではの提案、一読の価値あり(そう)ですね。

12月14日(木)14時から紀伊國屋書店新宿本店でトークイベントもあるそうです(本の購入が必要)。
詳細は工藤さんのウェブサイトからどうぞ。
http://40kaigo.net/

 

未分類

▼お元気ですか!

2017/05/17

月1回お話相手として訪問する聖子さんは、今年93歳で一人暮らしです。
子供もいなく、訪問する親戚は余りいないようです。
身体は元気ですが、腰は2つに曲がって杖を使っています。

お話好きで次から次にと、話が途切れません。
何時も出る話は、美味しい物の話とおしゃれの話です。

買い物に行きたい!と言う希望を叶えるため巣鴨に出かける事にしました。

タクシーで駅まで出て、電車を2回乗り換えます。
ホームでは電車がすぐ来て、優先席のドアまで行くことが出来なく乗り込んでしまいました。
車内は少し混雑していて空席が有りません。
手すりに持たれながら、空席を待ちますが中々空きません。
少し大きな声で、中々空かないね!と私です。
結局6つの駅を立たせたままでした。
乗り換えの為降り立った秋葉原の駅は、なんとエレベーターもエスカレーターも乗り換えの近くには有りません。
階段をゆっくりゆっくり歩いて降りて、乗り換えます。

さすが巣鴨はおばあさんの原宿!
ここには、あちらこちらに休む所が作られています。

このズボンのサイズはどうかしら!
洋服の色はどっちが良いかしら?
このかばん安いから買いたいわ!
次から次に買い物が増えて行きます。

帰りは電車の事を考えて、途中までバスにして1回だけ乗る事にしました。
でもやっぱり空席は無く、誰も座席を譲ってくれる人はいませんでした。

現実はこんなものなのでしょうか。

そう言えば以前台湾を旅行した時、混雑した車内で2回も席を譲られました。
日本では考えてもいない事に、戸惑ったものです。

私はすっかり疲れ果ててしまいました。
又行きたい、と言われたらどうしましょうか?

   すたつふ

未分類

▼介護への関心は増す一方?

2017/05/05

太田です。
このところ、「介護」への関心は高まる一方です。
正確にいえば、関心ではなく、「不安」なのかもしれません。

そんな理由からか、時々、テレビに出演することがあります。
何度か出ているのはNHKの「あさイチ」。

今回、初めてMXテレビに出演しました。
暗くなりがちなテーマですが、バラエティなので明るい雰囲気!
出演者の方々は、私以外、テレビのプロの方ばかり……。
打ち合わせの段階で、「ヤバイ」と頭はまっ白に。

生放送のあいだ、支離滅裂なことを話していましたが……。
でも、「介護」について考えていただくひとつにきっかけになれば!!
http://s.mxtv.jp/variety/kikitai/
「田村淳の訊きたい放題」4,29

訊きたい放題

タグ: ,

未分類

▼2016遠距離介護セミナー開催のお知らせ

2016/09/25

今年も遠距離介護セミナーを開催します。

セミナー詳細・お申込みページの立ち上げはまだですが、ブログで先に概要をご紹介します。

 

「子のココロ親知らず 親のココロ子知らず」
 親と向き合う知恵とコツ

 

東京会場:2016年11月13日(日) 13:00 – 16:00 @AP品川

大阪会場:2016年11月20日(日) 13:00 – 16:00 @AP大阪梅田茶屋町

参加費無料

定員:各会場100名

 

今回は医学博士で桜美林大学大学院老年学研究科教授の長田久雄先生をお招きし,
1部は先生の講演、2部は専門家と遠距離介護体験者2名を交えたアドバイストークです。

 

☆申込み受付開始は2016年10月11日(火)10:00から

 

メルマガ 「パオッコ通信」でいち早くお申込みのご案内をいたします。

今からたくさんの方のご来場をお待ちしています!

 

タグ: , ,

パオッコの活動

ページトップ

ページトップ

Copyright (C) 2013 NPO POKKO All Right Reserved.